ウェブデザイン制作/ウェブ・ポジショニングのウェブZYCO'S [ ウェブの機能は原則の上に成立する ]

「ウェブの機能は原則の上に成立する」の意味を考える

HyperText Markup Language(略してHTML)とは、ネット上でドキュメントを記述するマークアップ言語の一つであり、高度な表現力をもつというものなのですが、このことを上手く実践できているウェブが本当に少ない、原則を無視しているウェブの方が多すぎるということです。

Oct.17.2006

原則を無視すると

 W3Cの規格、タグ、CSS、その他にも本ウェブではウェブ制作についての原則の必要性を言及しています。しかし、原則を無視している代表的なものにドキュメントが全くマークアップされていないというものがあります。

 ウェブ制作を正当に学ぶにはそれなりに時間を要します。先人の誰もが認めるマニュアルがあるわけでもないので個人個人で順不同にノウハウを深めていくのがこの世界の常でしょう。しかし、全くの原則を無視するとどうなるのか、です。

 自社のウェブサービスについて「アクセスが少ないから、パッとしないよね。」というような漠然とした不満を抱える状況を作り出してしまいます。

 何故なら、ビジターの殆どはサーチエンジンを使ってウェブを訪問することは知られていますが、ウェブ構造に欠陥があると、まず上位表示とは無縁になります。ブラウザは親切なもので、普通のテキストファイルをhtmlファイルに拡張子を変更するだけでも表示してくれます。しかし、この程度のものが上位表示されるはずがないのです。

 それでも例えば、サーチして5,000,000件ヒットしたとしましょう。システム的に表示可能なのはせいぜい5〜600件まででそれ以降は表示さえしてくれない、ましてや400件目に位置していたとしても後方過ぎてページを閲覧する人はまず稀でしょう。

 では、どうすればいいのかということになってきます。

そこで登場したのがSEOです

 検索サイトで検索結果の上位表示を可能にする技術のことをSEOと呼びます。現存するウェブページに対して部分的にSEO技術を施したり、リニューアルで対策を施したりして上位表示を可能にします…というのが業者の謳い文句です。

 確かに、部分的に補強することで改善するのは間違いないのですが、あれこれ手を染めていくと、全てがまわりくどい所為に見えてくるのです。業者は手がかかり過ぎるし、クライアントは金がかかり過ぎる。丸で砂の城を築いているとしか思えないような空虚さがそこには見えてくるのです。

SEOの正体とは

 そもそも順番が違うのです。

 ウェブ診断を行うと数分で是非が判明します。ソース全体をスラスラと辿り、大体のタグやリンクの構成を把握すれば、その構造がSEOの視点で有効か無効かが即座に判断されるのです。

 でもこのことは、言い換えれば、原則に基づいたウェブ構成か否かということを判断しているのに過ぎないのです。

 家で考えれば、設計自体に問題がある。リフォームを考えるよりいっそ建て直した方が早いと思えるケースがウェブでは多いのですから実にいい加減なものです。

 だったら、もっと効率の良い方法論があるはずです。その解決策がZYCO'Sテンプレートだと考えて制作しました。

ページのトップへ

ウェブテンプレートの詳細について

ZYCO'S テンプレートは実践的に使えることがテーマです。ここから更に詳しい説明がご覧いただけます。

  1. テンプレートの概要について紹介します (※ここが言いたい「ウェブの機能は原則の上に成立する」)
  2. テンプレートの機能(SEOとこだわりのポリシー)について紹介します
  3. 目的別テンプレートのパターンとデザインを紹介します
  4. テーマ別テンプレートのパターンとデザインをイメージで紹介します
  5. ZYCO'S テンプレートのプライスと入手の仕方

ページのトップへ

ワイヤードパートナーを求めます

ウェブZYCO'Sではテンプレートの販売に伴いいろいろなパートナーを募集します。見えにくいワイヤードの世界で確かな手ごたえを一緒に探していきたいと考えています。

  • 提携パートナー募集
  • アイデアやご意見も募集
  • その他情報交換や協力関係などなど…

ワイヤードパートナーについてはこちらからご連絡ください

ページのトップへ


文字の大きさについて 文字の大きさは、ブラウザで調節して下さい。
当サイトへのリンクは自由に行えます。