SEOに入る前のネットショップの現状と不安-ウェブデザイン制作のZyco's

ネットショップでは売れるか、売れないかがハッキリしている

『世の中の流れに合わせて数年前にウェブサイトを持ったけど、コストがかかった割には売上が伸びない…』という半ば諦め顔の輩は結構多いようです。

少し前まではネットで買い物をするのはごく一部の限られた人と考えがちでした。拡がるネットでの購買層はついにシルバーエイジまで浸透してきているのが現状です。メールでの注文をはじめ、お褒めの言葉、苦情、提案と様々な内容がやりとりされています。

そういった実績を持つウェブサイトを見分ける方法があります。シルバー層を意識してフォントサイズを固定させず、ブラウザーで設定できる大きなフォントサイズでの閲覧を可能にしたウェブサイトです。こうしたウェブサイトはお客様の意見を取り入れながら近年急成長しています。

ところでネットで最も購入されている商品は何でしょうか。

旅行関連、デジタルコンテンツ、酒を尻目にトップスリーは「ファッション用品」、「書籍」、「食品」がダントツに上位を占めています。また、トップスリーは頻繁にアクセスされ繰り返し購入(リピーターが定着)されているのです。そのため使い勝手を向上させるために会員登録を実施しているウェブサイトも多く見受けられるようになってきました。

フロックではない売上倍増の方程式とは何でしょうか。

同様の商品を扱っていて値段もたいして変わらない、ましてや味は負けてはいないのにライバル会社は売れているらしい。何が違うと思われますか。

  • ウェブサイトのアピールが不足している
  • ショッピンングカートを設置していない
  • 宣伝が足りない

ウェブ制作費を何百万と使い、リニューアルも定期的に行ってきた。ショッピングカートなどのセキュリティーも万全で、新しい企画は絶やさない。ましてや大手ポータルサイトからのリンク料も月額100万は払っている。

ここまでしている努力型企業も体験しましたが、重要なことはそれでも見られない。ちょっとした個人のウェブサイトと比べてもアクセス数が劣ってしまうということです。

ウェブサイトが見られているところは、ネットユーザーの意見にも肯定的に応えようとしています。そして、お客様のためにもっと充実した内容を心がけ益々使い勝手を向上させています。

例えば、見知らぬ居酒屋へ入ったとして、繁盛している店ならば「今日のオススメ」がちゃんと掲げられています。ウェブサイトも同じで、リピーターがついてくるとリピーター向けのページを準備したりとページ展開が広がってきます。

そこで、見られる為には何をすれば良いか。

それは、業績を上げた企業が物語るように、あらゆる方法の中でもSEO(サーチエンジンの最適化)が最も有効な手段であり、最優先事項ということです。

検索エンジンで上位ランキングを狙うSEOの概要へ戻る

© 2001-2005 Zyco's Shifts "Have a nice website!" all rights reserved.