検索エンジンで上位ランキングを狙うSEOの概略-ウェブデザイン制作のZyco's

確実に売上がアップするひとつの方程式がある

確実にネットビジネスでの『売上』がアップするその方法が脚光を浴びています。どうやったら売上が伸びるのかをその実例と実績を見ながら解説します。そしてその秘密が分かってしまえば、ネットビジネスでNO.1を狙うことも可能なのです。

SEOでNO.1を狙う!ウェブデザインとSEOの融合

本題に入る前にちょっと予備知識を読んでおきましょう…なぜ増えないネットの売上/拡がるネットの購買層はシルバーエイジまでに/ネットで最も購入されている商品は何だ?/売上倍増の方程式とは?

インターネットユーザーはGoogleに代表される検索エンジンを使って例えばグルメや特産物の情報を引き出そうとします。もし、その検索結果で上位に貴方のウェブサイトが表示されているとしたら、売上は絶好調な筈なのですが…。

実際は「ユーザーが使うキーワードを想定して検索した」という経験が全く無い方々が殆どでしょう。試してみてください。その結果に唖然とされるかもしれません。

では、上位に表示されたウェブサイトの秘密は何でしょうか?たまたまの偶然ではない、必然的な何かが仕掛けられているのです。この特別な企業秘密をご紹介しましょう。上位に表示されるように専門のテクニックを使ってウェブサイトを制作します。このテクニックのことを「検索エンジンの最適化」(略してSEO:Search Engine Optimization)といいます。(このSEOはここ1〜2年の新しいテクニックです。)

もう少し具体的に話を進めましょう。
あるインターネットユーザーが「カニ」を取り寄せたい場合で説明しましょう。Googleなどの検索エンジンを使って以下のように検索します。

  1. キーワードは「カニ」「お取り寄せ」で検索
  2. 検索結果は34,500件、上位から表示されます。
  3. 上から順番にクリックしてウェブサイトを訪れますが、上位から30番目ぐらいまでがクリックの対象になるようです。

この場合、34,500件の内たった30件程度のウェブサイトしか閲覧されないことになり、この30件が「カニ」の売上をシェアすることになります。

でも、ちょっと待ってください。「カニ」を取り寄せたい人は次のようなキーワードも使って検索することも考えられます。

  • 「蟹」「お取り寄せ」…検索結果 15,100件
  • 「かに」「お取り寄せ」…検索結果 49,600件
  • 「カニ」「宅配」…検索結果 93,800件
  • 「蟹」「カニ」「かに」「ギフト」「贈答」「お歳暮」「お中元」「通販」や、その他のいろいろなキーワードの組み合わせ

なんだか少しホッとした気分ですが、「検索エンジンの最適化」では大枠で次のことを模索し実行します。

  1. 「カニ」を購入したいと思っているインターネットユーザーがどんなキーワードを使ってやってくるのかを想定し、キーワードを列挙する。
  2. そのキーワードの中から自分のウェブサイトで設定するキーワードを特定します。
  3. そして「検索エンジンの最適化」というテクニックを使って上位表示を狙います。

もっとも、扱っている商品が「カニ」ではなくて、もっと別の特殊な商品であれば「検索エンジンの最適化」は意外と簡単にできる場合もあります。


SEOを導入して地場でNO.1を狙う。

特定キーワードに「地域名」を付け足して地場の顧客も確保することを忘れないで下さい。地場をターゲットにすると、ライバルはぐんと少なくなります。

SEOを導入して地場でNO.1を狙う!ウェブデザインとSEOの融合

地域名は「ブランド」になっている場合があります。「下関のふぐ」が顕著な例ですが、ユーザーも同様にこの種のキーワードで絞り込んできます。 地場で用を足したいユーザーが検索するときに、この「地域名」で絞り込みますので、このキーワードに選定されていなければ検索に引っかかりません。所在地の記載があるからって言っても、その程度では上位には食い込めないのです。

インターネット世代が毎年成長してきて、ネットで検索をすることが当たり前の状況になりつつあります。インターネット白書2004によると、2004年2月時点の日本のインターネット人口は6,284万4,000人。世帯ベースで見ると、自宅の機器の接続率を表わす「世帯普及率」は52.1%です。

「SEO」を行ったクライアントの実例と実績へ

© 2001-2005 Zyco's Shifts "Have a nice website!" all rights reserved.