July 26,2005

『白夜行』東野圭吾は癖になる!

『白夜行』東野圭吾

東野圭吾の『白夜行』を読んでからというもの、東野圭吾が癖になった。ついてなくて、何をやってもうまくいかないときは誰にでもある。そういう時は東野圭吾がいい!

854ページもある長編小説なのに止まらないのである。面白いからゆっくり楽しんで読もうと暫し考えたりするのだが、どんどん物語に引き込まれてしまいついに本が置けなくなってしまった...

July 14,2005

ベルモンドに学ぶ男のカッコ良さ/気狂いピエロ

ジャン=ポール・ベルモンド

「うわっ、これだ」戦慄が走った。

まだ、大人の男に成りきれていない頃にこの映画を見て男のカッコ良さを見た。別に仁義とか契りとか極道の世界の話のことではない。ただただ当たり前に男をやっていることがとても粋でカッコ良かった。その映画のタイトルは[ Pierrot LE FOU ] 邦題は「気狂いピエロ」でヌーヴェルバーグの代表作として大ヒットした...