October 29,2006

Sara Smile をセンシュアルにきめる

Hall & Oates

Daryl Hall & John Oatesの代表的なソウルナンバー「サラスマイル」を心の底から情感込めてギターで弾きたい。そのために欠かせないコードがある。

それはシックス、ナインスと呼ばれるコードで「テンション・ノート」とも呼ばれる。このコードを挟み込めばぐ〜んと奥深い響きを奏でることができるのだ。

以下サラスマイルのコードでは二番目と最後のコードがそれにあたる。

とても覚えやすい歌詞なので、マスターして最愛の女性に捧げるというのはどうだろう。流行った当時はポラロイドで彼女を撮って、余白に××smileとメモしたことが想いだされる。ん〜ん、いい唄だ。

Baby hair with a woman's eyes

I can feel you're watching in the night

All alone with me and

we're waiting for the sunlight

When I feel cold,

you warm me

And when I feel I can't go on,

you come and hold me

It's you... And me forever

Sara Smile

Won't you smile a while for me
Sara

If you feel like leaving you know you can go
But why don't you stay until tomorrow?
If you want to be free, you know, all you got to do is say so
And when you feel cold, I'll warm you
And when you feel you can't go on, I'll come and hold you
It's you... And me forever

Sara Smile
Won't you smile a while for me

あとがき

1978年にリリースされたアルバム「Live Time」がいいノリで仕上がっている。Sara Smileはこのバージョンが一番好きだ。他にDo what you…などもずんと胸に応えてとても聴き応えがあるし、この曲もコード進行がグレイトだ。

Firefox 2 Get Thunderbird!