ウェブデザイン制作/ウェブ・ポジショニングのウェブZYCO'S [ ブログ&ウェブとSEOとランキング傾向 ]

ブログとウェブのランキング傾向

ブログが流行って、YAHOO!がGoogleスタイルになって、おまけにmsnも追っかけてきて、そんな中でウェブ・ポジショニング(SEO)の情報は古くてガセも多いようだし、ブログはひっかからない、そのあたりのことを流してみましょう。

revised edition : 4 February,2006

ブログは流行るが、登録はされないことも

いろんなものを取り巻く関係性が変わり行く中、元気してる?酒でもあれば、話は膨らむ一方の今日この頃だけど、そんな内容をブログにしている輩は多い。初めてネットにデビューしたのがブログという人もまた多い筈。

そこでね、これから始めようかっていう人に、水を差すわけじゃないんだけど、考えたほうがいいのがその活用方法だと思う。

これが交換日記にでも利用するならグッド・アイデアだ。そういう人に向いているのはBroggerだね。Googleが無料でサービスしてるんだけど、グループで書き込んで情報交換するのが一番現実的なタイプだ。

アフィリエイトをブログで始めようと考えるなら、準備としてどこのブログ評判がいいか下調べがいる。評判の中身は、アクセスが集中する時間帯にシステムが停止しないか(トラフィックがかかる人気ブログは重いので自分の投稿もままならないときだってある)、Googleなどのbotがページを収集してくれているかなどがポイントである。

理由は不明だが、新しいブログだと検索ロボットがページを全て登録してくれない。これはと思っているブログがあったら、アップされているブログページで適当なテキストをチョイスして検索をかけてみたら大体の察しがつくだろう。

さて、ブログの登録を開始して6ヶ月が過ぎたので状況を報告しよう。

2005年7月より『livedoor』と『Blogger』においてブログをスタートした。そして1ヶ月遅れで似たような内容で擬似ブログのウェブページを本URLに公開した。

『Blogger』...3ヶ月経ってようやく一部が登録され、6ヶ月経って殆どが登録されたようだ。
『livedoor』...5ヶ月経った時点で全く登録されていないなかったが、6ヶ月目に入って一部が登録されてきたようだ。
擬似ブログはアップしてすぐに登録された。

この状況を見る限り少なくとも上の二つのブログはアフィリエイトには使えない。

追記:Mar.27,2006

9ヶ月経って再度登録状況を確認した。『livedoor』のブログに掲載したページは全22ページ、そこで三社の状況を見ると、ん〜ん、変わらない。特にGoogleには「ファイルタイプ:不明」と表示されていて(初めて目にした)、不可解さが今も残る結果だ。

『livedoor』...YAHOO!-6ページ、msn-0ページ、Google-1ページ

YAHOO vs Google & msn

これまでウェブ・ポジショニング(SEO)といったらGoogleだけを対策としていれば良かったが、2005年中頃からYAHOO!とmsnがGoogleと同様のサービスを本格的に開始した。現在では三社を対象にあれこれしなくちゃいけなくなったが、対応策はあるのか。

世界中の80%の人がキーワードで検索しているから当然の流れではあるが、2005年10月に先駆者のGoogleが検索演算手順(業界的にはアルゴリズムという)を変更して、msnも相次いでこれに続いて、長い間固定されたようなランキング状況を一蹴する大きな変更で、SEOを目論んで上っ面だけをチューニングしたゴミのような内容のページが上位から消滅した。

そして現在、落ち着いているかのようだが、ウェブポジショニング(SEO)において上記三社全てを対象にした順位保証は不可能だろう。たまたま三社全て良好なランキングを表示することはあっても、頻繁にサーチエンジンのシステム変更がなされるためだ。下の「ウェブポジショニング(SEO)の推移」を見てほしい。あっちをたてれば、こっちがたたずの現状も見える。傾向としてはGoogleとmsnに有効なことはYAHOO!には余り効果がないということだ。だが、ここでちょっとした確かなヒントがある。

YAHOO! Search攻略のヒント(click)

それでも、アフィリエイトプログラムとか、ネットショッピングをこれからやろうと考える人には、このウェブ・ポジショニング(SEO)が必須条件になってくるので、これまでとは違った方法で、斬新な(?)戦略を打ち出さなければならない。

Google,YAHOO!,msnのサーチエンジンの傾向

この頃のフレッシュクロールの現状

  • GoogleとYAHOO!はフレッシュクロールが訪れたcache(キャッシュ)の日付を記録するが、その日付とは異なった古いウェブの内容が表示されることが多くなった。
  • 新規のウェブページをcacheしてくれるのはGoogleが早い。
  • YAHOO!はウェブのフロントページのみをこまめにcacheするがフロントから張られている新規のページの登録は遅い。
  • よってポジショニングの順位変動は総じてゆるやかである。以前と比べると、一気に何ページもアップロードしてもそんなに変動はない。

ウェブポジショニングの補足資料

下記リンクはGoogleが掲載する「ウェブマスターのための Google 情報」だから、一読の価値はある。

下図の円グラフは本ウェブへ訪れたビジターが利用したサーチエンジンの割合である。実に73%をGoogleが占めていて、YAHOO!とmsnがそれに続く状況だ。本ウェブの内容だとどうしてもGoogleが多くなる傾向は察しがつく。

ビジターが利用するサーチエンジンの割合

そうすると現状では、本ウェブが対象とするサーチエンジンの優先順位はGoogle、YAHOO!、msnの順になる。

そして、次の表がその三社を対象にしたウェブZYCO'Sのウェブポジショニングの推移を記録したものだ。調査する検索キーワードは「ウェブ制作」であり、非情なぐらいの競合ひしめく分野なのでかなり手強いはずだ。

リニューアル前の約1ヶ月間(2005年11月)、あるキーワードで3社とも10位以内で表示されている幸運な時期もあったが、各社アルゴリズムの仕様変更もあり、本ウェブのリニューアルもありで、結果的に全ての対応策が3社に共通にならないのは致し方ないところだが、揃って上位ポジションを狙えるべく対策を見出すことは最重用課題である。

ウェブ ZYCO'S SEOの推移 「ウェブ制作」

現時刻での各社のウェブポジショニング状況(※クリックするとご覧いただけます)

ウェブZYCO'S Web Positioning

※19/12/2005 リニューアルページをアップデートした期間(表中ライトブルー)
G*…Googleのシステム変更
M*…msnのシステム変更によるランキングの大変動:2週間ぐらい
Y*…YAHOO!のシステム変更によるランキングの大変動:20日間ぐらい

YAHOO!はシステムを変更して新たなランキングを表示するとき、一旦トップのページの登録が消滅する現象(表中の記号は-)が出るようだ。その代わり一時的に階層下のページが出現する。1月〜(2006)

msnもまた同様の現象(表中の記号は-)がこれまで数回確認された。YAHOO!と違って代替表示を他のファイルが受けもつことはないが、この現象がでたときはランキングが大幅に揺れる。

New!
YAHOO!は2006年4月中〜5月初にかけてシステムを変更したようだ。ディレクトリ登録のあるサイトは今までのようにトップページを、登録のないサイトはトップ以外のページが表示される。トップはノーカウントのYAHOO!ディレクトリにプライオリティーを置くアルゴリズムか?

リニューアル4ヵ月後のウェブポジショニング(SEO)

ページのトップへ


文字の大きさについて 文字の大きさは、ブラウザで調節して下さい。
当サイトへのリンクは自由に行えます。