快適なレンタルサーバーの値段は?

経験が語る重要なひとつ、それがレンタルサーバーの選び方だ。

無駄なコストと時間を省くため、以下有効と思われるアドバイズを示そう。 そう、昔はレンタルサーバーは年間10万はかかったのだ。

当時、メンテナンスが良いと評判の高い外資系のレンタルサーバーを使った。1998年に始まる話になるが、気に入ったのでそれから2年間利用することになった。数回サーバーがダウンしたが、ヘルプデスクの対応は迅速だった。サーバーがダウンしているのか、それともプロバイダーの中継基地がダウンしているのかが即答で返ってきた。サーバーがダウンしたことが判明すると、直ちに時間分の料金が差し引かれた。う〜ん、これがアメリカか、いかにも合理的。ログ解析のWebTrendsも提供され、毎日データと睨めっこしたものだ。CGIも使ったし、オプションを追加すれば、ショッピングカートその他のツールが用意出来た。年間10万円を出した「サービス」がまさにそこにあった。

ケーブルテレビのブロードバンドは使えなかった!

上の時期と並行して、プロバイダーが用意したウェブスペースを利用開始した。ブロードバンドっていうヤツがついにこの街までやってきたのだった。

しかし、快適さを享受できたのはものの3ヶ月ぐらいだったか?度重なる「繋がらない、接続スピードが遅い、ウェブサーバーがダウン」が無責任なサポート体制を露見した。責任者不在なのだ。

ベスト・エフォートと称するこじ付けがましいスピードに対しては、何度もスピードテストの結果を送信したが、回復の目処が立たないどころか日増しにスピードダウン。実に推定転送速度 / 637.638kbps(0.637Mbps) 81.62kB/sec 辺りが平均値となったからもうお手上げだ。余談だがYahooの2003年検索キーワード上位に「スピードテスト」がランキングされていたけど、同じような境遇にある輩は結構多いのでは。専用ウェブで障害報告を捜すが、その内容ははるか遠い昔の内容のまま。デメリット情報をクリヤーにしない企業はやはり問題有り。

容量が小さなウェブスペース(10MB)。与えられるアドレスはやたら長い。CGIは不可!本来、物置にするしか使いようがない。でも、使った。長い時間(2年間)使ってようやく諦めた。ブロードバンドサービス会社は地域ごとに利用が異なるため、隣街に引っ越したら同じ業者を指定できないこともあるので注意!引っ越したらアドレスが変わるかもしれない。

そんな訳で、TV、接続、ウェブスペースと一見安価に感じられたセット価格(月額約1万円)はむしろ高価に感じられ、憤りすら感じる始末。こんな対応に見覚えがあったら、別のサービス提供会社に即移ることは言うまでもない。

快適なレンタルサーバーの値段はいくら出せば良いのか

さて、このページの主題に入るとする。少し財布の中身に余裕のある諸君なら月額3000円ぐらい、いや5000円くらいまではと思ってるかもしれない。しかし、時代の流れは速い。今や、月額500円で事足りるのだ。リーズナブルなレンタルサーバーが全て当てはまるとは言えないが、少なくともここは大丈夫と太鼓判を押せるレンタルサーバーサービス業者を紹介しよう。

短いアドレス、CGI、SSI、PHP、商用利用が可能で200MB、月々500円(2005年 容量アップ実施)

これが、作者が利用しているObi-netエコノミープランのサービス料金だ。ここ6ヶ月が経過したが、嬉しいことにトラブルゼロだ。正直言って、6ヶ月前には想定出来なかったことだ。それと、アドレスはサブドメインが与えられ、短くて覚えやすいのも特徴。ここまで短いと、ドメインを取る気分にならない。本サイトはこうだ。

http://zyco.abz.jp/ (赤文字の部分をユーザーが指定できる)

サービス体系は30MBのトライアル月額300円から1G月額5000円まで用意され、契約期間は、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の単位。作者は様子見で始めたから、3ヶ月を2回更新した。

10日間の無料お試し期間があるから、使って納得してから料金の支払いを済ませればよい。

騙すつもりはないが、騙されても良い値段で安心できるなんて、まだまだこの世の中捨てたものじゃない。つまりは、快適さを手に入れるのは選択する側の責任なのだ。

もっと詳しい情報を得るために下のObi-netのバナーをクリックしてくれ。(残念ながら現在は別の企業へ譲渡されてしまいました)諸君の英断に検討を祈る。では。

正しい情報は知らないと損をする(サーバー、ウェブデザイン、SEO)へ

| Zyco's Shifts トップへ戻る |