ウェブデザイン制作/ウェブ・ポジショニングのウェブZYCO'S [ ウェブのノウハウ ]

オリジナルのパワーをウェブで発揮する

特に個人商店にとってこんなにいいツールはありません。ウェブはやりたいことが頭に浮かんだら制約の少ない人だったらのびのびと行動に移せるツールです。そんな方にオススメなノウハウをご紹介します。

27 December,2005

個性を存分に発揮することが個人の強み

レンタルサーバーはプロバイダーの付属サービスを利用している?月額数百円も出せばサブドメインが短くて、ビジネスユースにも使える、そしてトラブルもない。

ネットで制作依頼をするんだったらメールでの打ち合わせはキャプチャーソフトが有効だ。説明に必要な画像はキャプチャーして貼り付けてhtmlメールで送るととても分かりやすい。それと、複数のファイルや階層構造をそのままzipで圧縮するツールも必須だ。二つとも単純なプログラムなので日常で使いこなしておこう。

少しぐらいhtmlが使えるんだったら、ディスプレイに表示される色を取得できるソフトは必需品だ。テキストカラー、ラインカラー、バックグラウンドカラーなどこいつがあればバランス良く配色が可能だ。

戦略は分析から始まる。ウェブのアクセスを多角的に分析すると弱点がまるっとお見通しになる。アクセス数は多いだけじゃあ自慢にはならない。問題は来て欲しい客人がどれだけいるかなのだ。

ウェブのレイアウトやデザインは後から変更できるようにCSSを使って制作すと後々いろんな面で好都合だ。必ずといっていいほど、後から追加したい機能やアイテムが出てくるので、変更に手間取るようなレイアウトだとしたら潔くサヨナラするしかない。

テキストエディターを制作のツールとして使う。たくさんフリーウェアで出ているのでいくつかダウンロードして一番気に入ったものを使うといい。TeraPadなんかは拡張できるからオススメだ。一括置き換え、検索などシンプルな機能だけでも大変に重宝する。間違ってもワープロソフトは使わないこと。

ところで、貴方のPCはスパイウェアに侵されていない?ウィルスは知ってるけどスパイウェアは知らないって言う人はチェックしておいて。PCが調子悪いとき、犯人はコイツだ。

ナビゲーションにこだわりたいなら、機能を持たせるならJavaScriptDynamicHTMLが有効だ。例えば条件分岐が多ければこういうサンプルが大いに貢献しそうだしリストの並べ替えをするんだったらこんなテクニックもある。案内図や通販のアットランダムな補足説明に有効なのがこういうヤツだ。モノにするには少しだけ時間を必要とするけど、気に入ったスクリプトはどんどん使いまわして磨きをかけると素晴らしい演出を実現できるかもしれない。

SEOやウェブポジショニングはネットビジネスにとってとても必要な考え方だ。だけど、やっぱり大事なことはコンテンツの内容が充実していること。リピーターが多いかどうかでそのウェブの実力も決定するんだけど、とかく独り善がりになりがちなコンテンツ内容には他人の視点が必要かもしれない

メディアミックスを心がける。現実のビジネスに該当するウェブを参照させて有効活用することが実用的なウェブに進化させることになる。これって本当に実用的。

そして、誰の目にも見やすいウェブ構造が必要だ。カッコイイだけがデザインじゃないのは分かってると思うけど、テキストサイズが大きくならないとか、大きくするとレイアウトが崩れるとかのレイアウトはそろそろシフトしなきゃ一べつ喰らうことになる。それから、IE世代には縁がないかもしれないがNetscapeの後継であるFirefoxでもレイアウトをチェックすることを忘れずに。メールはThunderbirdも使える。

ページのトップへ


文字の大きさについて 文字の大きさは、ブラウザで調節して下さい。
当サイトへのリンクは自由に行えます。